箱根駅伝のコースを走ってきました vol.2

昨日走った箱根駅伝のコース(大手町から藤沢駅まで)

http://korota555.hatenablog.com/entry/2016/12/28/184256

 

マラソンツアー参加レポです。一部korotaの私感と、まさかの激走込みの内容ですが、年末の〆と言う事でお付き合い下さい。

 

受付場所

受付8:00 大手町駅地下鉄Ⓜ️C1出口(箱根駅伝スタートの読売新聞社前はC3)C1出口の右手にあるKDDIのビル内で受付

 

着替え

着替え場所はないので、トイレにて着替え。大手町駅C8出口付近の多目的トイレにはフィッティングボードがあり、着替え場所として最適。

下 ランニングタイツとハーフパンツ

上 コンプレッションと半袖、その上から長袖のプルオーバーシャツ着用。

 

荷物

スタッフが車で荷物を運んでくれるので、必要最低限の荷物でok。

korotaはペットボトルと、羽織る物を入れ、ランニングザックを背負う。

 

スタート

集合写真を撮り、スタート。インストラクターさんがコースを誘導してくれます(もちろん、ペースも)

スタート地点にある、優勝校の刻印。来年は果たして…

f:id:korota555:20161229102213j:image

 

競技走ではありません

キロ7くらいで行きます!と言う、非競技走で楽しむツアー。キロ7ならば、ポクポクだね!の、はずが!後で痛い目に合う。

 

都心を走る集団ランナー。ワーキングマン、ウーマンからは白い目…立場逆なら、わたしもエッ?と思うよね。

 

都心は信号ジャングル。ストップ、ゴー、ストップ、ゴーの繰り返し。歩道橋も多数。

f:id:korota555:20161229103049j:image

2区 鶴見で休憩(21km)

f:id:korota555:20161229103215j:image

 

まさかのペースアップ

21km鶴見での休憩。ガーミンさん、動き続けていた!(オートストップ効かず)

20名ちょいの参加者、走力もそれぞれ。20km過ぎて前走グループと、後走グループに分かれてくる。korotaはかろうじて前走グループにて走る。

30km過ぎの休憩場所では既に後走グループとも落ち合う事なくスタート。ここからが地獄の始まりだった。

f:id:korota555:20161229103431j:image 

 えっ?速くない?手元を見ると5:30台。えっと…このツアー、キロ7だったよねー。嘘でしょ!30km過ぎてまさかの5分台。でも、スピード落としたくても落とせない…ここから一人じゃ無理だし、迷子になるし、後走グループは既に歩き始めたって言うし、実は携帯の充電が少なくなってきたし。選択肢がない。

 

ついていくしかありません

人間、逆境の中、走るとこうなる。

あぁ〜私のリフレッシュ休暇(年に二日連続で休暇を取れる休暇)。どうして辛いのか…リフレッシュ…

あぁ〜コンビニ寄っても食欲が無くて食べられまてん…食いしん坊バンザイ!ガクッ…

もう、こうなったら頑張るしかない!

戸塚警察署の坂、地獄!!

もぉー絶対に歩くもんか!

絶対完走!

 

f:id:korota555:20161229214739j:image

 

実際には6:08/kmで約50kmを走っていた。まさかのペース。

キロ7で走ります、というのは、休憩、信号ストップを含んだペース設定だったのか、まさかのマラソン練習会になったという展開でした。

 

参加費は5000円。一人では成せない50km走と、箱根駅伝のコースを走ると言う満足感と、まさかのペースアップと言うプラスα効果で、高くはないのかもしれません。

全身痛いし、内臓もダウン。本番フルマラソン以上に頑張った…うぅ。

 

お土産

藤沢駅のコンビニで買ったグッズ。息子の青学好き(選手の名前、出身高校、生年月日を覚えるほど。お前、増田さんか?)にはたまらないらしい。

 f:id:korota555:20161229223225j:image

 

箱根駅伝

1月2日、3日どんな展開があるのか、楽しみでならない。どうか、選手皆んなのタスキが繋がりますように。